楽天カードと楽天プレミアムカード4つの大きな違い

楽天カードは、今急速に利用者を増やしているカードです。

ポイント還元率やそのポイントの使用用途の幅広さなどからも、普段使いのカードとしては日本一と言っても過言ではありません。

その楽天カードには、普通の「楽天カード」と、「楽天プレミアムカード」という2つがあるのですが、この2つはどちらも楽天カードではあるものの、大きな違いがあります。

 

年会費

 

まずは年会費で、ただの楽天カードは年会費無料ですが、プレミアムカードでは年会費が1万円(税別)となっています。

 

還元率

 

次に、ポイント還元率ですが、これは若干プレミアムカードが高くなっています。

基本的な還元率は同じですが、様々な所で+1%のボーナスが付くようになっていて、楽天トラベルや楽天ブックス、楽天レンタルといった物がそれに当たります。

さらに誕生日月にはポイントが付くようになっていて、総合的に見ると楽天カードよりもポイントが貯まりやすくなっています。

 

空港ラウンジ無料

 

そして、楽天プレミアムカード最大の魅力というのが、プライオリティ・パスへの無料登録というものでしょう。

プレミアムカードの提示で国内28ヶ所、海外2ヶ所の空港ラウンジが無料で利用可能となり、さらに登録したプライオリティ・パスで世界700ヶ所以上の空港ラウンジが無料利用出来るようになります。

 

旅行保険

 

国内・海外の旅行保険として最大5000万円の保障が付き、普通の楽天カードは国内保険は無し(海外は最大2000万円)ですから、その差は歴然です。

 

まとめ

 

頻繁に海外旅行へ行くとか、楽天カードを生涯のカードにと考えるのであれば、楽天プレミアムカードは非常に便利です。

 

そこまで利用しないという方は、無料の楽天カードでも十分過ぎるほどのサービスを受けられます。

自分のスタイルに合わせて選びましょう。