利用してみたところ、メリットの方が多いと感じます

楽天カードは、持っていて損をしないメリットの多いクレジットカードだと思います。年会費無料なのは驚くことではありませんが、いま新規入会して利用すると7000ポイントもらえてしまう点が大きなメリットだと思います。

 

私の場合は、楽天市場でミネラルウォーターや日用品や家電製品を購入するのですが、楽天カードで購入すると100円につき1ポイントを付与してもらえます。

 

先日は約5万円のテレビを買いましたので、500ポイントもらうことができました。私の場合は、たまったポイントで楽天のインターネット上の動画閲覧サービスで映画を見ることにしていますので、得した気分になります。

 

また、社会人ならば誰でも緊急時が発生して、すぐにでも現金を数十万円用意しなければいけない状況に置かれることがたまにあると思います。そういう場合、楽天カードは便利です。ネットキャッシングというサービスがあり、携帯端末からでも50万円までなら借り入れを申し込むことができます。おまけに楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行の口座に指定しておけば、キャッシングを申し込んだ数分後にはお金を入金してもらうことができます。このスピード感は他社では真似できていないと思われます。

 

楽天カードを利用していて短所だなと思える点は、ホームページに掲載されている情報が少なすぎると思えますし、知りたい情報を探しにくいと感じます。例えば、楽天カードのキャッシングについては金利についての表示さえありません。楽天銀行のカードローンの金利が表示されていて、楽天カードそのもののキャッシングの金利が表示されていないことについては、改善すべきと思います。

とにかく手軽に作れて様々に使えるのが楽天カードです

クレジットカードには様々なものがあるのですが、やはりCMで一度は聞いたことがあるのが楽天カードでしょう。あのインパクトのある楽天カードマンはやはり印象に残りますし会員数もとても多いのも納得の機能や作りやすさとなっています。

 

クレジットカードとしては審査条件が主婦やアルバイトでも作れるという点が一番に大きな利点でしょうし、自分も派遣社員時代に作ろうと思い申し込みをしたのですが審査の結果通知がとにかく早いという点も不安にならずに済みました。自分の場合には翌日に結果が出ましたが最短で即日で結果が分かるというのは流石インターネットバンクならではの強みだと思います。

 

実際にカードは通常のクレジットカード同様に郵送で送られてくるので、カード使用は一週間ほどかかりますがしかしそれを置いても様々なサービスやポイント還元が付いているので申し込みやすさと使い勝手を両立しているのが楽天カードでしょう。楽天市場での買い物にはとにかくポイント還元が高いのですが、それ以外のサイトでも通常1%の還元率ということで、使っている内にドンドンポイントが貯まるのが嬉しいですね。

 

また電子マネーでのチャージでもポイントが貯まるのですが、これはカードの種類によって違ってくるのでその辺は注意した方がいいと思います。自分が使っているのはJCBでありこれだとnanacoチャージでポイントが貯まるのでセブンでの買い物に役立っています。

 

楽天カードのデメリットに関しては少ないのですが、海外旅行傷害保険は利用付帯となっているためにあくまで国内での使用がメインとして便利だと思います。

デビットカードを利用して得られるメリットはなにか?

普通のクレジットカードは決済をした後に明細書に記載されて支払日にまとめて支払いますが、デビットカードは決済をしたらすぐに指定した口座からすぐ引き落とされるようになっています。

 

そのため買い物などでデビットカードを利用する時は買い物する分の金額を口座に入れておかなければいけないので面倒なイメージがありますが、利用してみるとメリットが多い事にも気づきます。

 

普通のクレジットカードは支払日にまとめて支払いますが、支払日に金欠状態になってしまったり支払日を忘れてしまったりして延滞してしまう危険性があります。しかしデビットカードは決済をしたらすぐに指定の口座から引き落とされるので延滞していまう危険性が一切ありません。

 

延滞してしまうと信用情報に履歴が残ってしまい今後にクレジットカードを作る時やローンを組む時に審査で不利になってしまうので支払の延滞を防ぐ事が出来るというのはメリットと言えます。

 

普通のクレジットカードは金欠状態でも利用出来てしまうので使い過ぎてしまう事もよくあります。そのため金銭感覚が麻痺してしまい借金を作ってしまう事にも繋がってしまいますが、デビットカードの場合は口座に預金がないと利用する事が出来ないので使い過ぎを防ぐ事が出来ます。

 

そのためお金の管理がしっかり出来るようになり金銭感覚も正常な状態を保ち続ける事が出来ます。またお金がない時は買い物をするのを我慢するという忍耐力もついてくるので人間的に成長する事も出来ます。

楽天デビットよりも楽天カードの方が金融面でのメリットが大きい

楽天デビットカードは、登録してある自分の銀行口座の普通預金残高の範囲内で、店のレジで支払いができるカードです。

つまり、財布のなかに現金を入れていなくても、楽天デビットカードが現金の機能を代行しています。

 

これに対して、楽天カードはクレジットカードです。

クレジットカードは、利用者に対して信用を供与しています。

 

例えば、7月5日に1万円分楽天カードの支払いで買い物をしたとすると、翌月の8月27日に1万円が指定した銀行口座から引き落とされます。

ですから、商品を購入してから、実際にお金を支払うまでに長ければ50日くらい支払い猶予を与えられるのです。

 

極端にいえば、銀行口座に10万円入っていなくても、口座引き落とし日までに10万円を用意できれば、楽天カードで10万円分の商品購入ができるのです。

 

楽天デビットカードで1万円分の商品を購入すれば、ただちに銀行口座から1万円引かれます。これに対して、楽天カードで1万円分の商品を購入すると、銀行口座から1万円引き落とされるのに数十日間、時間的猶予があります。

楽天デビットカードは電子マネーと同じです。

 

そして、楽天カードを持っていると、手元に現金を持っていないとき、緊急に現金が必要になったときに楽天カードのキャッシングサービスでお金を借りることができるというメリットがあります。

そのため、楽天デビットカードと楽天カードのどちらか1枚しか持たないという判断をするなら、楽天カードの方がメリットが大きいと思います。

楽天ブラックカードの作り方

(楽天カード)は、年々契約件数がうまぎ上りになっている程に、今大人気のカードブランドです。
まず(楽天カード)の第一の魅力は、他のクレジットカードを利用するよりポイント還元率が抜群に良く、楽天市場のネットショッピングでも、お得なキャンペーンを併用すれば、より賢く使える点が挙げられます。

ただ、もし海外旅行や出張に出掛ける機会が多い人は、楽天カードのゴールドバージョンとも言われる(楽天プレミアムカード)の所持は大変お勧めです。
(楽天プレミアムカード)は、楽天カードと同様に高ポイント還元を得られるだけでなく、国内・海外旅行両方の保険が自動的に付帯され、海外有名空港のラウンジを利用できる優先パスも盛り込まれている贅沢な特典付きです。
しかも、このクラスの内容で、年会費は1万円少々と大変格安のカテゴリーに入ります。

(楽天プレミアムカード)の年会費は1万円程度の設定ですが、この海外空港ラウンジの利用パスを普通に手に入れるだけでも、通常3万円以上は掛かります。
ですので、もし楽天カードの入会キャンペーンを上手く活用すれば、約10000円分のポイント付与が後日特典としてプレゼントされる事もあるので、お高い海外の空港ラウンジが全くの無料で利用できる可能性もあります。

 

(楽天プレミアムカード)を利用するか、(楽天カード)を利用するかで迷った場合は、やはり毎年海外に頻繁に行く機会があるか、プレミアムカードの年会費分だけ買い物をする当てがあるかどうかが決め手になります。

更に楽天カードのVIP級の顧客になりたいなら、将来的に(楽天ブラックカード)の契約を目指すというのも有りで、その場合は楽天プレミアムカードを契約し、定期利用している事が最低条件になっています。

 

(楽天ブラックカード)の利用権利を得るには、プレミアムカードでいかに利用履歴を積み重ね、賢い使い方をしているかが楽天カード株式会社側からのスカウトの分かれ目になるので、そういう意味でも(楽天プレミアムカード)を最初から作っても損はありません。

 

いずれにせよ、個々のライフスタイルに応じた持ち方ができるタイプを選択して、積極的に有効利用してみましょう。

楽天カード、楽天プレミアムカードお得なのはどっち?

楽天カードは、誰でも作れるカードとして、本当に人気のカードですよね。

楽天カードを利用している方は本当に多いと思います。

 

これだけ人気が高い理由はなんでしょうか?

それは、まず、年会費が永久無料だということだと思います。

そして、この楽天カードを使用すれば、楽天でのお買い物がいつでもポイント2倍で買い物出来ます。

また、月に2回開催されるポイント最大10倍優待キャンペーンに招待されることだと思います。

 

そして、楽天カードに入会すると、当然のごとく楽天プレミアムカードの入会を薦められます。今なら、プレミアムカードに切り替えるとポイントプレゼントといったメールが頻繁に来るようになります。

 

たしかに、楽天プレミアムカードは、楽天カードに比べると様々な特典が受けられます。

もちろん、楽天カードと同じように、いつでもポイント2倍で買い物できます。そして、お誕生日月には、ポイント3倍でお買い物が出来ます。

 

さらに海外旅行に行く時に、「プライオリティ・パス」を利用出来ます。海外の空港ラウンジをいつでも無料で利用することの出来るサービスです。

 

では実際にどちらがお得なのでしょうか?答えは簡単です。

海外に頻繁に行くことがないのなら楽天カードで十分だと思います。楽天プレミアムカードは年会費が10000円かかります。それを払うだけの特典を自分は利用できるのか考えてみて下さい。

 

海外出張などがない方なら楽天カードで十分だと思います。誕生日は年に1回しか来ませんから、楽天カードに加入して、欲しいものがあるときはポイント10倍DAYを狙って買い物するのが一番オトクだと思います。

楽天カードとプレミアムのメリット比較

楽天カードも楽天プレミアムカードも同じ発行元ですが、この二つの大きな違いといえば年会費や海外保証サービスの有無です。

 

楽天カードのメリット

 

楽天カードのメリットは無料で使えてポイント還元が付いているので余計なサービスを付けたくない、という人にオススメです。

プレミアムカードは年会費が1万円くらい必要ですが、豊富な海外保証サービスが豊富で空港ラウンジが無料で使えて誕生月の買い物はポイントが倍になり、選んだコースによってポイントが優遇されたりと年会費を取るだけのことはあると思わされる豊富なサービスが付いています。

 

楽天プレミアムのメリット

 

後、楽天プレミアムカードは年会費1万円くらいでありながら、全世界600箇所以上の空港ラウンジを無料で使えるプライオリティ・パスのプレステージ会員に登録できるので、旅行が多い人はプレミアムカードのほうがオススメです。

 

旅行にカードは使わない、ネットショッピングや支払い専用という使い方をする人は通常の楽天カードで十分ですが、外でもカードをバリバリ使胃、出張が多く海外旅行が多い人は旅行傷害保険があるプレミアムカードの人が良いと思いますし、家族カードも年会費5千円で作成可能なので、家族でカードを持ちたい人にもオススメです。

 

楽天カードも楽天プレミアムカードも楽天ポイントがたまるカードなので頻繁に市場で買い物する人はお得なカードだと思います。

入会ポイントをもらう際は説明をよく読み、履歴削除してから申し込みましょう。

楽天カードと楽天プレミアムカード4つの大きな違い

楽天カードは、今急速に利用者を増やしているカードです。

ポイント還元率やそのポイントの使用用途の幅広さなどからも、普段使いのカードとしては日本一と言っても過言ではありません。

その楽天カードには、普通の「楽天カード」と、「楽天プレミアムカード」という2つがあるのですが、この2つはどちらも楽天カードではあるものの、大きな違いがあります。

 

年会費

 

まずは年会費で、ただの楽天カードは年会費無料ですが、プレミアムカードでは年会費が1万円(税別)となっています。

 

還元率

 

次に、ポイント還元率ですが、これは若干プレミアムカードが高くなっています。

基本的な還元率は同じですが、様々な所で+1%のボーナスが付くようになっていて、楽天トラベルや楽天ブックス、楽天レンタルといった物がそれに当たります。

さらに誕生日月にはポイントが付くようになっていて、総合的に見ると楽天カードよりもポイントが貯まりやすくなっています。

 

空港ラウンジ無料

 

そして、楽天プレミアムカード最大の魅力というのが、プライオリティ・パスへの無料登録というものでしょう。

プレミアムカードの提示で国内28ヶ所、海外2ヶ所の空港ラウンジが無料で利用可能となり、さらに登録したプライオリティ・パスで世界700ヶ所以上の空港ラウンジが無料利用出来るようになります。

 

旅行保険

 

国内・海外の旅行保険として最大5000万円の保障が付き、普通の楽天カードは国内保険は無し(海外は最大2000万円)ですから、その差は歴然です。

 

まとめ

 

頻繁に海外旅行へ行くとか、楽天カードを生涯のカードにと考えるのであれば、楽天プレミアムカードは非常に便利です。

 

そこまで利用しないという方は、無料の楽天カードでも十分過ぎるほどのサービスを受けられます。

自分のスタイルに合わせて選びましょう。

楽天プレミアムカードはゴールドカードと同様の位置づけです

楽天カードと楽天プレミアムカードはどちらもクレジットカードです。

楽天カードは年会費が無料なのに対し、楽天プレミアムカードでは年会費が発生します。

他社のクレジットカードに置き換えると、楽天カードが一般カードで楽天プレミアムカードがゴールドカードという位置づけになると考えてください。

 

年会費の点では楽天カードの方が魅力的だと思われます。

しかし、楽天プレミアムカードにも、年会費を支払うのにふさわしい特典が備わっています。

楽天プレミアムカードを持っていると、数々の国内空港ラウンジが無料で利用できます。

その他、世界にある700か所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスに登録することが出来るのです。

つまり、空港利用頻度が高い方にとっては非常に魅力的なカードということになります。

とは言え、空港をほとんど利用しない生活スタイルの方にとっては楽天プレミアムカードの特典はあまり魅力的には感じられないかもしれません。

 

しかし、楽天プレミアムカードには、空港利用時のメリットの他にも、楽天グループサービスの利用時のポイントアップや日常の利用におけるポイントアップなどの特典もあります。

その為楽天グループサービスの利用頻度が高い方や楽天カードを使ってショッピングをすることが多い方にとっては、ポイントの魅力もあると言えます。

ですが普段からそれほど楽天カードを利用していない方なら、年会費無料の楽天カードでも充分に用が足りると思います。

ですから、カードの利用頻度や目的によって申し込むカードを選ぶと良いでしょう。