海外トラベルプリペイドカードのメリットとデメリット

海外旅行や海外出張で現金やクレジットカードはリスクが高いので持ち歩きたくないという人は少なくありません。そのような人に急速に普及しているのが海外トラベルプリペイドカードです。海外トラベルプリペイドカードは海外に出国するまえに銀行などでお金を入金しておき、現地でATMから現金を引き出したり、クレジットカード代わりにも使える利便性の高いカードです。

 

海外トラベルプリペイドカードのメリットとしてはクレジットカードではないので、入会するのに審査が必要がなく、簡単にすぐにカードを作ることができます。ある海外トラベルプリペイドカードの会社などでは渡航直前の空港でも発行可能と言う場合もあるくらいです。それに、紛失や盗難などにあったときにも緊急のサービスが充実していることあり、国際ブランドのクレジットカードと提携しているので利用できる国もたくさんあります。

 

海外トラベルプリペイドカードのデメリットとしてはあくまでプリペイドカードなのでカードを使う前には利用する金額をチャージしておかないと利用できないことと、現地でのATMを利用するごとにある程度の手数料が必要であることなどです。クレジットカードのように使用することもできますが、クレジットカードのポイントのようなものはついてきません。

 

海外トラベルプリペイドカードはメジャーなカードで数種類あるので、渡航する国や自分にとっての使い勝手の良さを考えてどの海外トラベルプリペイドカードにするか決めると良いでしょう。