ガソリンスタンドに応じて選ぶガソリンカード

ガソリン代の割引を受けられる、ドライバー向けのクレジットカード、通称ガソリンカードは様々なブランドより様々に展開されています。あれもこれもとカードがある中では、どのカードを利用すればよいのかと迷ってしまいがちなものですが、基本的にはクレジットカードを選択する時と同じように、シンプルに利用頻度の高いガソリンスタンド対応のガソリンカードを作っておくのが適切です。

 

通常使いのガソリンスタンドがENEOSの人はENEOSカードを、出光の人は出光のガソリンカードをと利用して、いつでも受けられる割引を積極的に受けていきましょう。

 

移動ルートやガソリン料金の問題で馴染みのガソリンスタンドをこれといって決めておらず、あちこちのガソリンスタンドを利用しているという人は、エッソ・モービル・ゼネラルの三つのガソリンスタンドに対応しているシナジーカードや、ガソリン代が最大6000円キャッシュバックされるJCBドライバーズプラスカードなどを活用するのがおすすめです。

 

特定のガソリンスタンドのみならず、利用するガソリンスタンドを選ばずサービスを使っていけるガソリンカードも世の中には存在していますので、目的に応じて選んでいきましょう。

 

尚ガソリンカードはカードの使用金額で値引き率が決まるものが多く、利用の金額が少ない月は求める特典が利用できないこともあるので、カードを作成する前には必ず条件の確認を行うようにして下さい。あちこちのカードを使い回すようなどっちつかずな行動をしていると、せっかくのガソリンカードのメリットを受けられなくなるので注意です。