デビットカードを利用して得られるメリットはなにか?

普通のクレジットカードは決済をした後に明細書に記載されて支払日にまとめて支払いますが、デビットカードは決済をしたらすぐに指定した口座からすぐ引き落とされるようになっています。

 

そのため買い物などでデビットカードを利用する時は買い物する分の金額を口座に入れておかなければいけないので面倒なイメージがありますが、利用してみるとメリットが多い事にも気づきます。

 

普通のクレジットカードは支払日にまとめて支払いますが、支払日に金欠状態になってしまったり支払日を忘れてしまったりして延滞してしまう危険性があります。しかしデビットカードは決済をしたらすぐに指定の口座から引き落とされるので延滞していまう危険性が一切ありません。

 

延滞してしまうと信用情報に履歴が残ってしまい今後にクレジットカードを作る時やローンを組む時に審査で不利になってしまうので支払の延滞を防ぐ事が出来るというのはメリットと言えます。

 

普通のクレジットカードは金欠状態でも利用出来てしまうので使い過ぎてしまう事もよくあります。そのため金銭感覚が麻痺してしまい借金を作ってしまう事にも繋がってしまいますが、デビットカードの場合は口座に預金がないと利用する事が出来ないので使い過ぎを防ぐ事が出来ます。

 

そのためお金の管理がしっかり出来るようになり金銭感覚も正常な状態を保ち続ける事が出来ます。またお金がない時は買い物をするのを我慢するという忍耐力もついてくるので人間的に成長する事も出来ます。