エポスカードの得する使い方について

エポスカードについてひとことで言うとなれば、持っていてまったく損はないクレジットカードとなるのでしょう。

 

エポスカードは年会費が永年無料となっているので、持っていてもコストが掛かることはありません。それにエポスカードを使っているうちにゴールドカードへの招待が来れば、なんとゴールドカードの年会費も永年無料となります。通常の申込みですとエポスゴールドカードは年会費5000円が必要なので、ゴールドカードのサービスが無料で使えるということは大きなメリットと言えます。

 

ただし、エポスカードのポイント還元率は0.5%となっているので、最近のクレジットカードとしては高いというわけではありません。ポイントを貯めてなんからの特典に利用するということではエポスカードはあまり魅力がないとなりますが、エポスカードで得であるのはポイント還元ではありません。

 

エポスカードの最大のメリットはエポスカードを利用したり、提示することによって優待価格の店舗が全国で5千店舗以上あるということです。優待の詳細についてはホームページや冊子を確認したほうがいいですが、よく知られている全国的なチェーンではマルイ、ロイヤルホスト、シダックスがあります。

 

マルイでは年間に4回開催される会員限定のサービス期間にマルイでの買い物が10%割引されます。マルイをよく利用する人はこの時を狙ってまとめ買いなども有効です。ロイヤルホストのグループでは提示で10%オフ、シダックスでは提示でルーム料金30%オフなどかなりお得な優待価格があります。
これが持っていて損がないエポスカードと断言できる理由なのです。